電位治療器について

電位治療器(でんいちりょうき)とは、

電極間又は、電極からアースの間に高電圧をかけて電場を発生させ、その中に人間のからだを置き治療をほどこす医療機器などの総称である。

日本では、薬事法における管理医療機器(クラスII)に分類される。

医家向と家庭用があり、家庭用は最大で9000ボルトとなっている。

電位治療器は、日本人の発明家原敏之が

「高圧送電線下に結核患者がいない、農作物の収穫量も多い」
というドイツの医学雑誌の記事をきっかけに、電場が人間のからだに良い影響を与えるのではないかと考え、1928年に高周波超高圧の電位負荷を利用した治療器を開発したのが原型と言われている。

その後現在の低周波で変動する電場による電位治療器が厚生省の承認を受けて現在に至っている。

1963年に先発メーカーである白寿生科学研究所により「ヘルストロン」(商品名)が製造された。

それに続き、
ヘルスの「パワーヘルス」と「コスモトロン」、
ドクタートロンの「ドクタートロン」、
エヌエスジーの「トランセイバー健寿」、
バイオトロンの「ビーオス」、
日本セルフメディカルの「メディック」、
ココロカの「リブマックス」、
プロメイトの「プロメイト」が現れ、現在においては相当数の製品が販売されている。

電位治療器は、長い歴史があり機器所有者も多く医学的には認められてはいないような効果が経験的には存在する。

多くの老人福祉施設にも設置されており今、主流となっているのは高圧電位治療器である。

コメントは受け付けていません。