大腸内視鏡検査に麻酔をするところと麻酔をしない施設がどうしてあるのでしょうか?

 

どうして内視鏡検査に麻酔をするところと麻酔をしないところがあるのだろうか? と疑問の方もおられると思います。

一つの理由はとても手間がかかるのです。

具体的に言うと、検査医が検査に集中しにくいのと(薬の効きすぎは確かにまずいので患者さんの呼吸状態などに注意が必要です)

もうひとつは検査終了後に休むベットが必要になるために多くの検査ができなくなることが原因と思います。

ではそんなに手間がかかるのになぜ麻酔をかけるのか?

他ページと少し内容が重複しますが、簡単に述べると自分場合の答えは以下です。

大腸にポリープがあった場合は大腸内視鏡検査は反復が必要です。

内視鏡検査があまりに苦しいと、反復することに本人が納得できません。

そのために「苦しくない」内視鏡検査・・という事が必要になると思っています。

もうひとつは小さな大腸がんの見逃しをなるべく少なくしたい・・・

この二つが大きな理由です。

 

 

Copyright© きとうクリニック , 2014 All Rights Reserved.