大腸ガン検診  便潜血・・・検査について

 

大腸癌のと言ったら、便潜血が一般的です。

この便潜血反応はかなり敏感な検査です。

便潜血検査で大腸癌の健診をしようしょう・・・というと「いや、自分は血便などはありません」 と言われる方がおられます。

でもこの便潜血は見えるような血便ではなく、ものすごく少ない量の血液を感知する 「特別な検査」 だと思います。

しかもいまの便潜血は胃からの出血にはあまり反応しないように作られているはず・・・です。 昔の知識かもしれません・・・確かそうです。

昔は牛肉などを食べると牛肉の血が混じって本当は出血していないのに、間違って出血している・・・疑陽性(本当は陰性なのに検査は間違って陽性になっていること)が結構あってややこしい検査でした。

血液は便中で均一に混ざっているわけではないので、いろいろの場所をこすった方が正確な検査となります。

Copyright© きとうクリニック , 2014 All Rights Reserved.